石垣島のイクメン保育士が、育児と幸せと島についてつぶやく

石垣島・八重山地方のおすすめ・観光スポットや育児、幸せについて思ったことをつぶやいてます。

モチベーションアップの正しい方法

time 2020/07/16

モチベーションアップの正しい方法

大事な仕事の準備をするとき

来月の試合に向けて練習するとき

ダイエットをしようとするとき

どんな時でも自由に

モチベーションを上げることができたらいいな

と思うときがありますよね。

そこで今回は、

モチベーションアップの正しい方法についてご紹介します。

①ゴールを正しくセットする

スポンサーリンク

例えば「ダイエット」の場合

よくある目標(ゴール)設定として、

「なんとなく痩せたらいいな」

というものがあります。

でも、これだと目標が曖昧すぎて、

もし痩せたとしても、

目標が達成されたのか?

がわからず達成感を得ることもできません。

この場合の正しい目標(ゴール)設定は、

「来月までに3kg痩せて、お気に入りの服を着られるようになる」

というように、できるだけ具体的な

結果が目に見えて実感できる内容にします。

②それが“欲しい”“手に入る”という感覚を高める

ゴールを設定したら次にすることは

「それが“欲しい”“手に入る”という感覚を高める」

ことです。

ゴール設定の時と同じように、

「なんとなく欲しい」

という曖昧な状態だと、

実際にその結果を得るために行動する

やる気がなかなか出てきません。

ではどうすればよいか?

例えばダイエットが成功した時

どんな服を着ているか?

周りの人からどう見られているか?

その時の気分はどんな感じか?

など、感情までも含めて

「ゴールを達成した時の状態をできるだけ詳細にイメージする」

ようにします。

スポンサーリンク

③行動したくて“ウズウズする”まで、それに集中する

“ゴールを達成した時の状態をできるだけ詳細にイメージ”

できたら次にすること、

それは、

「行動したくて“ウズウズする”まで、それに集中する」

ことです。

引き続きダイエットを例にすると、

ダイエット方法について、ネットや雑誌で情報収集してみる

ダイエットしたら着たい服を選ぶ

ダイエットしたらやりたいことを考える

など、

自然と行動したいと思える状態になるまで

“ダイエット”というテーマだけに集中して過ごすようにします。

④“やるべきこと”と“ゴール”を結びつける

“行動したくてウズウズする状態”

になったら最後にすることは、

「“やるべきこと”と“ゴール”を結びつける」

です。

いくら詳細にイメージできても、

そのためのモチベーションが満タン状態になっても、

ゴール達成のためには“やるべきこと”が出てきます。

ここでもダイエットを例にしますが、

食事制限をする

食事の内容を変える

毎日運動する

など、

ダイエットを成功させるために

どうしても必要な“やるべきこと”があります。

その“やるべきこと”をすることによって

どのように“ゴール”に近づいていくのか。

そして、

ゴールを達成したら味わえる達成感や感情を感じることによって、

モチベーションは高まっていきます。

スポンサーリンク



down

コメントする




管理人

島人

島人

きれいな海と空、そして島が大好きな1児のパパ兼保育士です。 【2020年4~9月絶賛育休中♪】 今は石垣島で保育士をしながら、八重山諸島を中心にふらっと旅をしています♪