石垣島のイクメン保育士が、育児と幸せと島についてつぶやく

石垣島・八重山地方のおすすめ・観光スポットや育児、幸せについて思ったことをつぶやいてます。

子どもが自立するために必要なこと

time 2020/06/29

子どもが自立するために必要なこと

赤ちゃんとスキンシップを取りながら接する

スポンサーリンク

「どうしたの?」

「おなかすいた?」

「おむつが濡れて気持ち悪いのかな?」

など声をかけながら、

目を見ながら、

身体に触れながら、

大人は赤ちゃんに接していきます。

機械的に黙っておむつを換えたり授乳するなどの“単純なケア”でなく、

自然と赤ちゃんに声をかけながら、頬や小さな手に触れ、

スキンシップを取りながらケア
していきます。

大人と赤ちゃんの相互作用

赤ちゃんの働きかけに対して、

まわりは心から心配して愛情を持って応えます。

応えることによって赤ちゃんは、

笑顔や機嫌のよさで返事を返してくれます。

決してどちらか一方的な働きかけでなく、

大人と赤ちゃんの両者が相互に作用しています。

スポンサーリンク

相互作用によって”愛着”が生まれる

このように円滑な“相互作用”が行われる環境の中で育った子どもは、

常に自分をケアしてくれる人、

自分の要求や不快感や不安に対して

タイミングよく応えてくれる人に“愛着”を持つようになります。

親子の信頼関係が、子どもの勇気になる

この全面的な信頼関係を持つことができる子どもは

“他人を信頼しても大丈夫”ということを自然に学んでいきます。

そして、成長とともに安心して

外の世界に飛び出していくことができるのです。

スポンサーリンク



down

コメントする




管理人

島人

島人

きれいな海と空、そして島が大好きな1児のパパ兼保育士です。 【2020年4~9月絶賛育休中♪】 今は石垣島で保育士をしながら、八重山諸島を中心にふらっと旅をしています♪