石垣島のイクメン保育士が、育児と幸せと島についてつぶやく

石垣島・八重山地方のおすすめ・観光スポットや育児、幸せについて思ったことをつぶやいてます。

“フルの”モチベーション状態とは?

time 2020/07/14

“フルの”モチベーション状態とは?

モチベーションでいっぱいで、

何をするにもやる気満々でやり遂げることができる。

常にそういう状態でいられたら、

夢でもなんでも叶えられていいなと思うことはありますよね。

そこで今回は、

フルのモチベーション状態とはどういう状態か?

ということについてまとめようと思います。

赤ちゃんや動物を見ていると…

スポンサーリンク

「フルのモチベーション状態」

この言葉を聞いてまず思い浮かべるのは、

赤ちゃんや動物の姿です。

例えばお腹がすいている時

赤ちゃんはミルクやご飯がもらえるまで

必死に泣き続けて「お腹がすいた」ことを訴え続けますよね。

また、ペットの猫を見てみても、

猫じゃらしなど気になるものがあると、

周りのことは全く気にせず、そのことだけでに集中しています。

赤ちゃんと動物の共通点

そんな赤ちゃんと動物ですが、

そこには2つの共通点があります。

それは

①止められても動く

②周りのことが気にならない

という点です。

スポンサーリンク

①止められても動く

まず1つ目の共通点である

「止められても動く」

について、

おもちゃで遊んでいる赤ちゃんを思い浮かべてみてください。

お母さんが

「ごはんの時間だからおもちゃで遊ぶのは終わりにしてね」

と言ってもそのまま遊び続け、

しばらくそれが続いてお母さんに

「やめなさい!!」と怒られても、

泣き叫んで必死に「遊びたい」ことをアピールし続ける。

このように、

「自分のやりたいこと」

を何とかしてやり続けたいという思いが

周りの人が見えても伝わってきます。

②周りのことが気にならない

2つ目の共通点である

「周りのことが気にならない」

について、

先ほどの猫じゃらしで遊んでいる猫のように、

何か気になるものがあると、

「それだけに集中して周りのことが気にならない」

という状態なることがあります。

この状態は、

“無我夢中”

“ゾーン”

“フロー”

などの言葉で表されます。

この状態の時

「ピッチャーの投げた球がとてもゆっくりに見えた」

と、ホームランを打った時に野球選手がよく言っているように、

「自分のほしい結果」

を手に入れるために、

「とてつもない集中状態で、通常では考えられない力が発揮される」

ということが起こります。

このように、

「止められても動く」

「周りのことが気にならない」

という

“欲しい結果に極限まで集中”している状態

それが、フルのモチベーション状態になります。

スポンサーリンク



down

コメントする




管理人

島人

島人

きれいな海と空、そして島が大好きな1児のパパ兼保育士です。 【2020年4~9月絶賛育休中♪】 今は石垣島で保育士をしながら、八重山諸島を中心にふらっと旅をしています♪