石垣島のイクメン保育士が、育児と幸せと島についてつぶやく

石垣島・八重山地方のおすすめ・観光スポットや育児、幸せについて思ったことをつぶやいてます。

“安全基地”があることで、子どもは外の世界に安心して飛び出せる

time 2020/06/29

“安全基地”があることで、子どもは外の世界に安心して飛び出せる

”子ども時代の親子関係”が将来に大きな影響を与える

スポンサーリンク

耐える力

挑戦しようとする意欲

自分に対する自信

子どもが将来、つらく苦しい人生の局面に立った時

“子ども時代の親子関係”が大きく影響してきます。

”安心感”が勇気の源

自分が大切に想われているという安心感があって初めて、

子どもは外の世界に向かって大きく羽ばたいていけます。

スポンサーリンク

安全基地に戻ってエネルギーを充電する

子どもは、外でいやな事やつらい事があると、

必ず愛着の対象である人のところに戻り、その胸に飛び込みます。

そこで安心と安らぎを得て、癒されて、

エネルギーを充電して再び飛び出していくことができるのです。

”安全基地”を起点に子どもは自立していく

嫌なことや辛いこと、悲しいことなど

自分ひとりで解決できない問題が起こった時、

”安全基地”に戻りエネルギーを充電する。

エネルギーが満たされたらその問題に立ち向かう。

そしてまた別の問題が出てきたら安全基地へ戻り、また立ち向かう

この繰り返しにより、子どもは成長し自立していきます。

スポンサーリンク



down

コメントする




管理人

島人

島人

きれいな海と空、そして島が大好きな1児のパパ兼保育士です。 【2020年4~9月絶賛育休中♪】 今は石垣島で保育士をしながら、八重山諸島を中心にふらっと旅をしています♪