石垣島のイクメン保育士が、育児と幸せと島についてつぶやく

石垣島・八重山地方のおすすめ・観光スポットや育児、幸せについて思ったことをつぶやいてます。

ベビーサインの誤解

time 2020/06/06

ベビーサインの誤解

ベビーサインの認知度がアップしてきていますが、

まだまだベビーサインは、誤解されている面もあります。

ここではひとつひとつ解決していきましょう。

誤解①赤ちゃんは生まれた時からベビーサインを使っている?

スポンサーリンク

ベビーサインはコミュニケーションをとるための言語です。

本来ベビーサインは決まったものではなく、

ママと赤ちゃんとのコミュニケーションの中で作られ、

共有され、自然に行っているものです。

生まれつき日本語を話せる赤ちゃんがいないように、

生まれたときからベビーサインを使っている赤ちゃんもいないのです。

誤解③ベビーサインを使うと話し言葉が遅れる?

赤ちゃんはベビーサインを通して

コミュニケーションをとる喜びや楽しさを知ります。

その結果、ごく自然にベビーサインを通して言語とはなにかを学び、

語彙が発達し、話し言葉の習得にも良い影響を与えます。

ベビーサインを使っているから話し言葉が遅れるということは全くありません。

安心してベビーサインを楽しんでください。

スポンサーリンク

誤解③ベビーサインを使う子は頭がよくなる?

ベビーサイン発祥の地アメリカでの研究では、

ベビーサイン育児を行った子供のIQは、

そうでない子供より高いという結果が出た事もあります。

しかし、そもそもIQのもともとの意図は

発育段階を測るものと言われています。

ベビーサインには親子の関わりの中で多くのメリットがあります。

早期教育という視点ではなく、

純粋に赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しむ手段として

ベビーサインを使用して頂ければと思います。

ベビーサインのデメリットは?

ベビーサインを使用することで赤ちゃんに悪い影響は全くありません。

あえてベビーサインのデメリットをあげるとすれば、

むしろ「親の過剰な期待・無理な押し付け」など

ベビーサインを教える大人の気持ちの持ちようが

ベビーサインのデメリットに繋がってしまう事があります。

ベビーサインを通してお母さんから赤ちゃんへの語りかけが増える、

赤ちゃんと2人でベビーサインから共感し感動する事ができる、

絵本への興味が強まる等、

ベビーサインにはたくさんのメリットがあります。

赤ちゃんはママに伝えたい事が沢山あります。

何気ない日常の中で驚くほど沢山お手てで語りかけてくれます。

そんな中でどんな視点で物事を見つめ考えているのか、

赤ちゃんの心をほんの少しベビーサインで覗く事が出来る、

それがベビーサインの目的なのです。

スポンサーリンク



down

コメントする




管理人

島人

島人

きれいな海と空、そして島が大好きな1児のパパ兼保育士です。 【2020年4~9月絶賛育休中♪】 今は石垣島で保育士をしながら、八重山諸島を中心にふらっと旅をしています♪